お問合せ電話番号 0120-007-053
構想を形にします。
構想段階からのご相談、設計、工業デザイン、試作品製作、量産
どこからでもコストパフォーマンスを踏まえてお手伝いいたします。

ルアーボックス製作事例

IMG_0412.JPG

スチール製のルアーボックスの製作事例となります。ボックスとして、
板金加工で作るのは簡単なのですが、
お客様(釣具メーカー)のこだわりとして、溶接加工で、
組み立てるのではなく、リベットで組み立てたいというご要望でした。

ただ強度を確保するリベット加工となると・・・これが課題でした。
リベットマシンという専用の機械があるのですが、箱形には、
対応出来ないのです。

そこで、ホットカシメという、スポット溶接機で、リベットをカシメる工法で,
箱形の奥まで電極を挿入し、ルアーボックスの組立加工が可能となりました。

<<製作フロー>>
板金加工→ホットカシメ→塗装
製作数:試作→200個

小型ケースの、オーダー製作のご相談は、お気軽にお問い合わせください。



折り紙のような、金属製の椅子・ベンチ・テーブル製作事例

20.jpg


IMG_0486.JPGのサムネイル画像

※全国対応

スチールの厚み2mm板で、折り紙で作ったイメージで椅子・ベンチ・テーブルを製作したいという
建築デザイナー様からのご依頼でした。当然のことながら、実用性としての課題は、強度です。
形にするのは簡単ですが、厚み2mmの鉄板だけでは、いくら溶接で組み付けても、
人が座れば、そのまま倒れてしまいます。
そこで、φ6.0、φ8.0の線材で、出来るだけ違和感が無いように、補強を行いました。

イス&テーブル 020.JPGDPP_0028.JPGDPP_0021.JPG

2mm板の成形(アルゴン溶接 →φ8.0線材の補強溶接 →補強溶接(スポット溶接)後
補強棒を取り付けるために、溶接を行いますが、ここでも溶接後の「歪み・くぼみ」が、課題となります。
「歪み・くぼみ」を出来るだけ軽減するために、スポット溶接で組み付けを行いました。

イス&テーブル 001.JPG

強度確認・・・、合格です(画像はベンチになります)。

DPP_0078.JPG

テーブル製作も終了。

DPP_0072.JPG

「歪み・くぼみ」を溶接工程で軽減したとはいえ、ある程度は生じますので、その部分にパテ埋めを行い
最終工程として、吹きつけ塗装を行いました。   計125台、製作完了です。

配送は混載便、4トントラックで、地方発送。

金属製の椅子・ベンチ・テーブルのオーダー製作は、


お気軽にお問い合わせください。
       (クリック)

マニアグッズ(メタルアート)

P1010966.JPG

某TV番組で、隊員が使用していたグッズのレプリカです。
正規ルートでのご依頼でしたので、ご提供された図面を基に製作を行いましたが、
金属加工をベースとした、オリジナルグッズのご依頼は、手書きの図面でも、
製作可能ですので、スマートフォンのオリジナルケースなど、ご予算は個数に合わせて
変わりますが(数量が増えれば1個当たりの価格は下がります)製作数1個(高額)から、
ご対応いたします。

金属加工のオリジナル商品の製作は、お気軽にお問い合わせください

エッグシェルカッター(メタルアート)

P1000425.JPG

ゆで卵の殻割のオリジナル製品です。下部卵型(スカート)部に、ゆで卵をセットして中心の玉の部分と顔の部分が、上部シャフトに沿ってスライドし、下に落ちた衝撃で、ゆで卵の殻を円形状に割る仕組みになっています。各パーツの接合は、抵抗溶接で溶加材を使用しない、限りなくエコな加工方法で接合しています。

メタルアート製作のご相談はお気軽に、お問い合わせください!

東京現代美術館「SPACE FOR YOUR FUTURE」展 四角い風船(アルミバルーン)製作

話題となるキュレーター長谷川裕子さんによる

建築デザイナー石上純也氏の作品を弊社一貫製作!!

P1000578(1).jpg

IMG_1678.jpg

東京現代美術館「SPACE FOR YOUR FUTURE」展
国際キュレーター(展覧会プロデューサー)長谷川裕子さんから
吹き抜けの館内のアートの作品を依頼された

建築デザイナー石上純也氏の作品を
弊社,大阪テクノマスター笹尾恭三
製作プロデュースし「こだま製作所」が製作担当した。
(NHK プロフェッショナル仕事の流儀 放送)

DPP_0033(1).jpg

画像左 建築デザイナー石上純也氏
画像右 大阪テクノマスター笹尾恭三

組み立て現場での製作の打ち合わせ

DPP_0069.jpg

画像左 長谷川裕子さん、右 笹尾恭三

はじまりは アルミスポット溶接技術・・・・。

アルミトラス(梁)の組み立て加工がキーワードとなり
弊社技術アルミスポット溶接加工で現実化され
構造設計のスペシャリストから製作依頼を受けた。


重さ1トン、高さ14メートルの巨大な物体が宙に浮く作品
個性的なアートが産み出される。

ミラノコレクション ローテーブル製作(金属 アート)

index.phpミラノコレクション ローテーブル1セットを製作しました。
建築デザイン事務所さんからの依頼でしたが、都合により納期なんと5日間(特別対応)。
スチール性の円盤に、ステンレス(SUS304)のフラットバーを溶接(ティグ溶接)してあるのですが
デザイン重視で、溶接してある部分を極力見えないようにしたあります。

溶接の熱による歪も最小限に、最終の塗装前の下地で、より分りにくく
仕上がっています。


製作の様子はなんと
朝日放送「NEWS ゆう+」 「アートも手掛ける超町工場」で 
4月29日(水)に放送されました。

ローテーブル(アート作品)の製作の様子はこちらから
(こだま製作所のWEBサイトが開きます)

IMG_2628.JPG

アッセンブリ119 事務局 有限会社こだま製作所 〒544-0011 大阪市生野区田島6-4-6
TEL:06-6754-3833 FAX:06-6754-3834
URL:http://www.assy119.com E-Mail:info@assy119.com